映画 「パーフェクト・ワールド」(1993/米)


パーフェクト ワールド [DVD]

私は、追いかけられ、撃たれる側。

だな。

いつもいつも、損な役回りなんだ。


権力があって、頭が良くて、武器もあって、支配する(ただただ押し付ける)側がパーフェクトなのか。

何も無い、やられる前にやるしかないしか生きる方法を知らなかった、心は子どもに分かるほど優しいのがパーフェクトなのか。


クリント・イーストウッドは、ガッチガチのアメリカ愛国者で昔ながらの正義を信じている人なのだと思う。

その「正義」を疑う度胸も持っている人。

こういう監督さん・俳優さんがいてくれないと困るんだよなあ。

長生きしてね。





よろしければ(ΦωΦ)





コメント